バイオリンが欲しいならココっです アジャスター

仮に装着できても取付ナットを十分に締め付けられない不安定な状態となります。G線にはOKでした。素直に楽器が反応するようになり、楽な音の出し方を意識するようになりました。

コチラですっ!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

アジャスター バイオリンPEDI アジャスター チタン製 バイオリン用 Titanium Fine Tuner 僅か3グラム

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

A線D線はテルピースの厚みがあるので取付できませんでした。弦の振動を効率よく伝える材料は、縦弾性係数(kN/mm2)/比重(g/cm3)の値が高いほどよいとされます。。値段的にも、手軽に、そして簡単に交換も出来ました。ちなみに真鍮は98/8.5=11.5!チタンは106/4.5=23.5。A線でEの音を鳴らすととても気持ちよく響きます。経年劣化のせいもあり、なのか真鍮製のアジャスタ、E線がビリビリいうのでチタン製を購入しました。この点、一般的な真鍮製よりチタン製のほうが音響的によいもの、となります。ネジ部もそうですが,全体的に錆びた商品でした。本当はA線にもこのアジャスタを使いたかったのですが!テールピースの形状(厚みの違い)的問題により!A線とD線には取り付けられませんでした。可動部がないため!アジャスタ自体にガタがないという構造も効率的なのかもしれません。加えてこのチタン製アジャスタにはリンク(節)がありません。ウィットナー製品等と比べ横手方向の長さが足りないので、一般的な4/4サイズに装着するのはかなり苦しいでしょう。替えてみて正解でした。素直でキレイな音が出ます。